無職の金銭感覚

otoko今現在、事情があって仕事探し中。今のところは失業手当と貯金で生活していますが、この先どうなるか分かりません。それにしても、無職になってから、かなりお金に細かくなりました。買い物をする時も、以前なら数円の違いなら気にもしなかったのですが、今では一円でも安い物を求めて、店をハシゴするまでになりました。まあ、お金を事をきちんと考えるようになってので、これはいい事かも知れませんけどね。以前の自分では信じられないですが、家計簿を付けて細かく管理するようになったし。

仕事をしていた時は、どれだけお金に無頓着だったかというのがよく分かります。今の収入は基本的にゼロですが、ポイントサイト等でチマチマと稼いだり、本やCDを売り払ったりと、そこからの若干の収入はあります。FXで一攫千金を狙ってやろうと頑張った事もありましたが、毎日チャートに向かっていると、精神的におかしくなりそうなので止めました。

やはり自分には投資(FXは投機かな)は向いていません。一応、それなりの儲けはありましたけどね。まあ、いろいろと書きましたが、早く職を見つけてお金をパーッと使いたいのが正直なところです(笑)。

収入が減った一年。そしてキャッシングへ

徐々に減っていった私の収入。だめ押しとなったのは自分で選んだ転職だったわけだけど…それをのぞいた、別れた旦那の養育費減や前の職場の給与の支払いに関する規定の変更などで去年の今ごろの時期よりもだいたい…100,000円減ってることに気づいて愕然とした。だってそれだけ減ってはいるけど同じような暮らしができているから!収入が今よりも多くあったころは本当に家計のことなどちゃんと考えず欲しいものを欲しい時に買ったり、食べたりしていたけど今は週ごとに予算立てをしてちゃんと予算内におさめられるようにやりくりをしている。

でもそのやりくりもすごくみじめな気分になるものではなく、ゲーム感覚で楽しめる程度。そう考えると…これまでの数十年、どれだけの無駄使いをしてきたのかと恐ろしくなった。過去のことを悔やんでももうどうにもならないから、これからの生活でこれまでの無駄使いを取り返せるように頑張ろうと思う。ただ、節約ばかりに気を取られて生活に余裕がなくなるのは嫌だから、潤いのある節約生活を目指したい!

通帳の記帳が大好き。

gum11_ph01026-s私は通帳の記帳が大好きです。毎月、主人の給料日になると給料を一旦全額おろしてきて一カ月分の生活費の予算の振り分けをします。

そのときに毎月の貯金用のお金も一緒に振り分けるのですが、この瞬間がたまりません。
毎月少ない月で6万円、多い月だと11万円ほど貯金しているのですがコツコツ貯めたお金が通帳の残高となって少しずつ増えていくのが大好きです。

思わぬ出来事や子どもにかかるお金などで予想外の出費もあり、なかなか思うように貯金できない月もありますがそれでも通帳の残高がどうなっているのかを見るのは私の楽しみです。生きることにはとてもお金がかかるのだと、結婚して初めて知りました。

毎月色々な引き落としがありますが、その金額を見るたびにもっと頑張らなければと思います。
不景気になってなかなかお金も回ってきませんがコツコツ頑張っていれば良いこともあると信じてこれからも貯金を頑張りたいと思います。明日も大好きな記帳をしてこようと思います。

宝くじについて

サマージャンボの時期になりました。今年も当たると信じて購入しました。ある経済学者さんによると、宝くじはとても利益率の悪い投資で所得の低い家庭ほど買う傾向があるそうです。なんて酷いことを。そもそも、宝くじは投資ではありません。夢を買うギャンブルなんです。もしかしたら1億当たるかもしれないなんて、とっても夢があっていいじゃないですか。私は宝くじを買ってから当選発表までの「持っておく」期間が一番好きです。ワクワクします。今まで高額当選したことはありませんが、それでもめげずに毎年サマージャンボと年末ジャンボは買っています。その経済学者さんからすれば馬鹿みたいな行為かもしれませんね。

けれどいいのです。「もし1000万当たったら何に使おう」とか勝手に考えてワクワク出来るのですから。そのためにお金を使って運がよければいくらか当たる。まぁ当たらなければ気分しか買えないですが、30歳過ぎてもお金でワクワクが簡単に変えると思えば、当たらなくてもそんなに悔しくはないのです。

借入!なんとかしなきゃ!!

今私は夫の扶養範囲内でパートの仕事をしています。週に3・4日くらいで1日5時間くらいかな。家事と仕事の両立、という点から見れば今のリズムはちょうどいいです。朝は朝で掃除や洗濯ができるし、夕方まで働いて帰ってきても十分夜ごはんの準備をする時間もとれる。無理のない程度で働けるからこれくらいのリズムが一番ありがたい。ただ!

借入でまわすのは限界だし、家計のやりくりという点から見れば、厳しいんですよね…我が家の場合、旦那さんが営業マンで一生懸命毎日働いてくれてるんですけどお給料が悲しくて…残業代はつかないし、昇給も見込みがない、ボーナスもほんとに雀の涙ほど。営業成績がよくてもプラスアルファもなくて、こんなに頑張ってくれてるのにどうしてそれを評価してくれないのー?!って怒りが込み上げてきます。こんな感じなので、毎月やりくりが大変なんです。もちろん、私ももっと働けるところか見つかったら仕事変わって頑張るつもりでいるんですが、見つかるまでが大変です!!今は子供がいないからまだいいですけど、子供いたらもっと生活費必要になりますもんね。早く仕事探さなきゃ!!

消費者金融の審査で必要なもの

消費者金融というものですが、審査でいくつか必要になるものがあります。審査をスムーズに行うためにもそういったものは前もって用意しておく必要があります。その審査をスムーズに行うという事ですが、具体的には身分証明書があります。

これはお金を借りる審査を行うという事ですので、確実に必要になると覚えてください。身分証明書ですが、まずは運転免許証があります。他にも、保険証やパスポートなどでも対応することができます。審査を受ける時は忘れないようにしてください。また、50万円以上の借入額を希望する場合には、収入証明をする必要もあります。収入証明については、確定申告のコピーや給与明細のコピーなどで対応できます。

大きな額を借入れしたい方は、そちらも忘れないようにしてください。以上の二つについて覚えておけば特にキャッシングの審査は問題ありません。ただ、用意できませんと審査を受ける事が出来ないです。その点は覚えておきましょう。